• 茶道具とはどういったものなのか
  • 茶道具の買取について知っておきたいこと
  • ネットでは体験できない茶道具オークションの魅力
  • 不用品がアンティークや茶道具として価値が出ることも
  • 茶道具は代表的な4つの種類に分けられる
  • それぞれの茶道具の楽しみ方
  • 茶道具の出張買取
  • 茶道具商に求められる目利き力と先見性
  • 茶道具を買い取ってもらう時のお役立ち情報
  • 通販で茶道具を買うときの注意点とは
  • ちょっとお譲さんご存じ?実は茶道具って・・・

    茶道具はいろいろなもののことを総称して呼んでおり、茶道具と聞くと茶碗というイメージが強いですがそれだけではりません。

    掛け軸も茶道具の1つであり、茶道具としても代表的で、たくさん存在しています。東洋や西洋絵画、日本画等があります。有名な方が描いたものはとても貴重であり、現在ではとても高い金額で売られていたりします。

    陶磁器も代表的で、中国・西洋磁器、日本陶器等があり、作られた場所によって特徴がありますし、種類も蓋置や香合、水注、水指、皆具等があります。象牙や彫刻品も鑑賞するといったことで高い需要があるものです。象牙で作られている茶道具は現在ではとても珍しくなっており、またアンティーク品は家具であり、100年を有するものに着けられています。

    さらに茶道具にはこんなものまで茶道具なのかというものもあり、それは民芸品です。井戸茶碗が有名ですが、民芸品とは絶滅してしまった民族が使用していたコップや日常で使用していたものを指しています。もうこの世には存在していない民族のものということで高値となっている場合もあります。

    茶道具とはどういったものなのか