日本庭園と骨董

アンティークな骨董品の評価基準と査定価格のポイント

アンティーク品の中には、美術的な価値が非常に高い装飾品などもあり、日常的に使用できる商品とは異なる評価が下されるケースもあります。そのため、骨董品の取引においては、様々な側面を把握しておく事が重要です。骨董品の買取では、それぞれのアイテムの価値が適切に判断される為に、正当な価格での取引が可能になるとされます。 アンティークに特有のデザインが施され、日常的に使用できるアイテムのケースでは、骨董品というよりも、日常必需品としての側面が評価されるので、素材やデザインに加え、色調などが重要な要素となり評価が下される事が基本です。 また、高額な骨董品の例としては、有名な作者の特定の時期に制作された作品などがありますが、この場合は実用品というよりも資産的価値などの側面も評価されるケースがあるので、非常に高額な査定価格が算出される事が通常です。そのため、骨董品の取引においては、単なるアンティーク品としての価値だけではなく、様々な側面を考慮しておく事がポイントとされるのです。