日本庭園と骨董

骨董品は奥が深く、種類がたくさん

骨董品に魅かれたり興味を持つと、いつ頃からの時代でどんな種類があるのかと関心が高まります。骨董品はアンティークや古美術などと呼ばれていますが、古い・希少価値がある100年を超えた事が重要だと言われています。一般的にテレビや雑誌で掛け軸や日本・海外の絵画、食器などの器を見かけますが、実際は多種類になります。小さなものでは文具やおもちゃから貴金属の宝石アクセサリーの他、陶磁器や花瓶などがあります。さらに衣服や大きな品物ではタンスまでと骨董品の種類は様々です。また日本も含め世界にある骨董品は数知れず、日本では江戸時代に遡るものもあるのです。古くて価値がある事と希少性がある事が分かってくると色々なものに目が向き、楽しみが増すかもしれません。どんなものがあるか知る場所の1つに美術館もあります。そして、鑑賞するという目で楽しむ事や実際、使用する実用性を兼ねたものがあり、骨董品に魅かれる要因にはその時代の背景も垣間見られる、種類がたくさんある奥が深い世界と言えます。