• 茶道具とはどういったものなのか
  • 茶道具の買取について知っておきたいこと
  • ネットでは体験できない茶道具オークションの魅力
  • 不用品がアンティークや茶道具として価値が出ることも
  • 茶道具は代表的な4つの種類に分けられる
  • それぞれの茶道具の楽しみ方
  • 茶道具の出張買取
  • 茶道具商に求められる目利き力と先見性
  • 茶道具を買い取ってもらう時のお役立ち情報
  • 通販で茶道具を買うときの注意点とは
  • ちょっとお譲さんご存じ?実は茶道具って・・・

    茶道具と一言で言っても、その種類は多岐にわたりますが、大まかに分類すると4つの種類に分けられるでしょう。

    まずはアンティーク品と呼ばれるものです。この種類の茶道具は家具や雑貨であり、主に百年前くらいのものがアンティークと呼ばれます。

    次に、木製品があります。こちらは日用品とは違い、初めから茶道に用いる目的として作られたものの中でも古いものを指します。

    また、陶器類なども茶道具としての値打ちを持ちます。陶器類では、例えば茶道に用いられるようなものには、産地や作られ方の違いによって様々な名称が付き、高値で取引されています。

    最後に、最も典型的な茶道具のひとつとして、掛け軸を挙げることが出来るでしょう。日本や中国で作られた掛け軸も絵画に含まれますし、西洋の伝統的な絵画と合わせて考えれば、その範囲には膨大な作品群が含まれます。これらの作品群は、それぞれの作品に固有の技法や様式、あるいは歴史的な価値によって価格が決定されます。

    茶道具は代表的な4つの種類に分けられる