• 茶道具とはどういったものなのか
  • 茶道具の買取について知っておきたいこと
  • ネットでは体験できない茶道具オークションの魅力
  • 不用品がアンティークや茶道具として価値が出ることも
  • 茶道具は代表的な4つの種類に分けられる
  • それぞれの茶道具の楽しみ方
  • 茶道具の出張買取
  • 茶道具商に求められる目利き力と先見性
  • 茶道具を買い取ってもらう時のお役立ち情報
  • 通販で茶道具を買うときの注意点とは
  • ちょっとお譲さんご存じ?実は茶道具って・・・

    茶道具商は、絵画を始めとする古美術品を売買する人、またはビジネスのことを指します。美術商と同様の意味で使用されることも多いですが、彫刻など立体的な作品も取り扱う店舗や人を美術商と呼び区別する場合もあります。絵画を専門としている画商など、専門分野や時代によって様々な呼び名があります。茶道具商は制作からの年月が経過した作品専門ですが、美術商は近現代の作家に精通していたり、現役の若手作家の才能発掘などの役割もしています。

    政治や文化と芸術は深く関係しているため、茶道具商を営む場合には、その作品の制作年代の政治的、文化的な背景を含めた幅広い知識が要求されます。多くの価値ある茶道具を取扱い、信頼を得ている店舗では、店主や所属鑑定士の目利き能力が高いと判断できます。茶道具の価値は時代のニーズと共に変化するため、先を読んで茶道具の品揃えをするなど店舗作りの工夫も、新製品を扱う店舗と同様に、ビジネスとして茶道具を取り扱う上で重要です。

    茶道具商に求められる目利き力と先見性